過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

シャドーイング(shadowing)とは?

シャドーイング
「シャドーイング」とは教材の音声を聞きながら、
ワンテンポ遅れで影のように自分も声を出して追いかけます。

 

リピーティングのようにワンセンテンスや一文単位で区切って真似をするのではなく、
追いかけるように同時並行で行います。

 

イメージ的には同時通訳です。
同時通訳は英文を追いかけるように日本語訳をしていきます。
シャドーイングはあのイメージで英文をそのまま復唱していくのです。

 

かなり高度な学習方法ですが、たくさんのメリットがあります。

 

リスニング力向上

シャドーイングの特徴は「聞きながら復唱している」という事です。
聞いているだけ、話しているだけではなく同時に行っているのです。
英語の理解力がどんどん上がります。
また英語のスピードに負けないリスニング力が磨かれて行きます。

 

スピーキング力向上

英語を追う事により、話す力が向上します。
発音もキレイになる事はもちろん、リズムやイントネーション、息継ぎや間の取り方など英語を話す上でとても重要なスキルが向上します。

 

但し、注意していただきたい事もあります。
英語学習初期の段階から挑戦しても、まず出来ませんし、あまり効果も期待出来ません。
語順の通り英語を理解するスキル、リピーティングによる英語保持力があって初めて有効な学習方法です
英語を理解する基礎が身に付いて初めて効果があります。

シャドーイングの方法

英文を後から追いかけるだけですので、シャドーイングに特別な教材は要りません。
ただいきなり長い英文に挑戦するより、短い英文から取り組んだ方がやりやすいでしょう。

 

最初の一文をシャドーイングして次の英文をパス、聞く体制を整えて次の英文に挑戦する。
いきなり全文をシャドーイングしようとせず、徐々にシャドーイング出来る範囲を増やして行く事が大切です。

 

スーパーエルマーをご利用の場合はポーズ付きのSKIP音声を使って練習を始める事がおススメです。
英文と英文の間にある間があるので、シャドーイングの練習にも上手く使えるように出来ています。

文法や単語力だけではスコアは伸びないんです!

「ネイティブと同じ方法で英語を聴く」学習方法が効果絶大!
TOEICリスニング満点者多数!

⇒ 受講者のTOEICスコアを見る