過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

英語の語順の秘密、英語はドラマチックな言語

英語を英語の語順のまま理解しようとすると私たち日本人はどうしても違和感が拭えません。
そのため、英語を理解する時、正しい日本語にしようとしてしまいます。

 

それは間違ってはいませんが、正しい日本語を意識するあまり、英語の楽しさがスポイルされています。
英語の楽しさ、英語は日本語よりドラマチックな言語なのです。
その秘密が語順にあります。英語の語順がドラマを生むと言っても良いと思います。

 

英字新聞の見出しから拝借した英文です。
A bluefin tuna fetched \4.51 million in the first auction of the year at the Tsukiji fish market in Tokyo on Jan. 5.

 

日本語訳:
東京の築地市場で1月5日に今年の初競りが行なわれ、クロマグロが451万円の値段で売れた。

 

これを英語の語順で前から理解すると
クロマグロが451万円で売れた/今年初の競りで/東京の築地市場で/1月5日に
となります。

 

「クロマグロが451万円で売れた!」
というニュースが最初にあるとやはり大きなインパクトがあります。

 

そして
「今年の初競りだった」「東京の築地市場で行われた」「1月5日の事だった」と徐々に全貌が明らかになってきます。

 

同じ文章ですが、少しドラマを感じませんか?

 

日本では英語を学ぶ時、文法から入ります。
もちろん文法は大切ですが、文法はあくまでも英文を理解する助けに過ぎません。

 

文法のルールにしばられるより、英語はドラマチックな言語、
語順の違いを楽しんだ方が英語と仲良くなれます。

文法や単語力だけではスコアは伸びないんです!

「ネイティブと同じ方法で英語を聴く」学習方法が効果絶大!
TOEICリスニング満点者多数!

⇒ 受講者のTOEICスコアを見る