過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

聴いたまま理解する即聴即解トレーニング

スーパーエルマーのメイン教材が「HOP,SKIP&JUMP」方式です。
英語をセンスグループ(意味単位)で分解し、前からどんどん理解していくための教材です。

 

返り読みを矯正し、英語の語順のまま英文を理解できるように三段階の構成になっています。
英語を英語の語順で聴いた順番に理解するため即聴即解トレーニングと呼ばれています。

意味のかたまりごとに区切られた英語→日本語をリスニング「HOP」

まず最初は「HOP」が流れます。

 

先ほどの例で行くと

 

Stevie Wonder released a music video last week

スティービーワンダーは音楽ビデオを発表しました、先週

 

designed especially for blind people.

特別に目の不自由な人のために作られた

 

The song is called "So What the Fuss"

その曲のタイトルは「ソー ワッツ ザ ファス」です。

 

 

HOPではセンスグループという意味のまとまりで英文が区切られ
日本語訳が続いて流れます。

 

このHOPにより以下のことが学習できます。

  • 英文をどこで区切って読むと良いかが直観的にわかるようになります。
  • 前からどんどん理解していく習慣が身に付きます。
  • 返り読みの習慣が矯正されます。

 

最初は日本語訳に違和感がありますが、その違和感はすぐになくなります。
やってみると理解できますが、慣れてしまえばこの方が圧倒的に簡単だからです。

 

反射的に意味を理解するための「SKIP」

続いて「SKIP」が流れます。

 

Stevie Wonder released a music video last week

ポーズ(空白)

 

designed especially for blind people.

ポーズ(空白)

 

The song is called "So What the Fuss"

ポーズ(空白)

 

SKIPでは先ほどの日本語訳の部分が短い空白になっています。
ポーズ(空白)の間、先ほどの日本語訳をイメージするのです。

 

慣れてくるとポーズの間に反射的に日本語訳が頭に浮かびます。
英語の語順で反射的に意味をイメージする、英語ネイティブに近い思考法が自然に身に付きます。

JUMP

三段階目 「JUMP」では英文が途切れることなくそのまま流れます。

 

「HOP」「SKIP」でトレーニングを重ねることにより、
ポーズ(空白)がなくても瞬間的に英語を語順のまま理解できるようになります。

 

JUMPで英語を抵抗なくゆとりを持って聞き取れるようになれば
英米人のようにネイティブスピーカーの思考法に切り替わった証拠です。

 

「JUMP」が聞き取れるようになる頃にはほぼ返り読みの習慣が
矯正され英語の総合力が向上しています。

 

この域に達する頃にはリスニングだけでなくリーディング力も向上しているはずです。
当然でしょう、英語を理解するだけなら返り読みは必要ないからです。

文法や単語力だけではスコアは伸びないんです!

「ネイティブと同じ方法で英語を聴く」学習方法が効果絶大!
TOEICリスニング満点者多数!

⇒ 受講者のTOEICスコアを見る