過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

相手がいる会話、止まらないリスニングでは使えない返り読み

英文をより自然な日本語にするために返り読みをする。
この学習を6年間も積み重ねます。
結果的に私たちは当たり前のように英語を後ろから読むようになります。

 

会話やリスニングでは通用しない返り読み

 

ただし返り読みが通用するのは、紙に書かれた英文を読む場合だけです。
時間という要素が加わる会話やリスニングでは、後ろから理解していては間に合わないのです。

 

誤解がないように付け加えますが、
私は返り読みをすべて否定しているのではありません。

 

返り読みは英文を自然な日本語にするために必要な技術なのです。

 

たとえば、第三者に英文の内容を伝えてあげる場合、
前から理解した不自然な日本語では正しく伝わるかどうかはわかりません。

 

返り読みそのものは身につけておかなければならない技術です。
ただ、リスニングや会話には向いていないというだけなのです。

 

問題は返り読みしかできない事

英語を読んだ順番、聞いた順番で理解する

 

私たちはこの方法を学校教育では教わりません。
私、個人は外国語大学で英語を専門的に勉強しましたが、
こういったカリキュラムはありませんでした。

 

英語専門の教育機関ですらそうなのです。
ほぼ全ての日本人が返り読みのみを勉強して社会に出ます
教えていないのですから、学ぶ機会もありません。

 

私たちがリスニングや会話が苦手な理由は「返り読みの習慣」にあります。
しかし、返り読みがダメなのではなく「返り読み」以外の方法を学習する機会がなかったことが問題なのです。

文法や単語力だけではスコアは伸びないんです!

「ネイティブと同じ方法で英語を聴く」学習方法が効果絶大!
TOEICリスニング満点者多数!

⇒ 受講者のTOEICスコアを見る