過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

小学校から英語導入、でも勉強は塾でする現代の小学生

現在、小学校での英語教育が始まっています。
外国人による英語の授業も小中で採用されています。

 

日本の英語教育も新しい時代に入って来ました。
しかしながら、現代の小学生の多くは塾で勉強をします

 

学習塾は基本的に高校受験、大学受験のためにあります。
受験に出題されない英会話やリスニングに力を入れるはずがありません。

 

ワーキングメモリ

 

塾で学ぶのは私たちと同じ、受験英語です。
返り読みを始める年齢が早いだけなのです。

 

受験対策としては良いのでしょうが、
コミュニケーション能力としての英語力は育ちません。

 

日本人の英語を変えるには受験英語に
英会話やリスニングの要素を導入するしかないのかもしれません。

外国人講師の質を査定できない教育委員会

日本の公立小中学校で活動している外国人講師は
ALT(assistant language teacher)と呼ばれます。

 

4年生大学を出ている英語ネイティブであれば
教員資格は要りません。
採用の面接は市町村の教育委員会が行います。

 

ネイティブスピーカーが教育の現場にいることはとても良い事です。
しかしながら、ネイティブスピーカーにも質があります。
単に英語を話す人、英語の日本人に教えるのが上手な人...

 

資格も必要なく、採用試験もありません。
唯一の選考は面接。

 

教育委員会の面接担当者の裁量にすべてゆだねられることになります。

 

では教育委員会に外国人英語講師の指導力を
測れる英語力を持つ方がどれほどおられるのか?

 

期待する方が無理というものでしょう。
日本で「使える英語教育」が始まるのはいつでしょうか?

文法や単語力だけではスコアは伸びないんです!

「ネイティブと同じ方法で英語を聴く」学習方法が効果絶大!
TOEICリスニング満点者多数!

⇒ 受講者のTOEICスコアを見る