過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

英語を自然な日本語に置き換える技術「返り読み」

英文をより自然な日本語にするために、英文を後ろから読む技術があります。
この技術を「返り読み」と言います。

 

返り読みの技術はとても重要です。

 

「次の文を日本語にしなさい」

 

受験英語では必ず出題される問題です。
この問題に頭から訳した妙な日本語を答えたら確実に誤りとされます。
「次の英文を理解しなさい」ではなく「日本語にしなさい」だからです。

 


中学、高校と一生懸命勉強された方ほど
この技術が深く頭に染み付いています。
無意識に英文を後ろから読む癖がついているのです。

実は優れている日本人

中学、高校と一貫して返り読みを叩き込まれた私たちは
リスニングでも英語圏の方がまねできない特殊な聴き方をしています。

 

流れてくる英文を聴きながら、

  • どれが主語だろうか?
  • どれが述語だろうか?
  • 文章の終わりはどこだろうか?

と頭の中で単語の順番を組み替えながら日本語に置き換えています。

 

ワーキングメモリと呼ばれる脳の一時記憶を
フル活用して英語を自然な日本語に直しています。

 

ワーキングメモリ

 

おそらくこんな理解の仕方をしているのは日本人だけでしょう。
こんなことができるのは日本人の教育レベルが高い証拠です。

 

しかしその優れた能力にも限界があります。
文章が長くなり、ワーキングメモリの限界を超えると
覚えきれず、何を言っていたか解らなくなります。

 

短文ならなんとかなるけど長文は苦手.....
その理由もやはり「返り読み」にあるのです。

文法や単語力だけではスコアは伸びないんです!

「ネイティブと同じ方法で英語を聴く」学習方法が効果絶大!
TOEICリスニング満点者多数!

⇒ 受講者のTOEICスコアを見る