過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

公式データから見るTOEIC

このサイトをご覧いただいている方はTOEICに挑戦されているか、
きっとこれから挑戦されるご予定のある方でしょう。

 

最近(2013-2014年)のTOEIC平均スコアをご存じですか?
下記の表をご覧ください。

 

TOEIC平均点一覧

開催 リスニング リーディング トータル
第185回(2013年11月) 319.2 263.9 583.2
第187回(2014年1月) 315.0 256.7 571.7
第188回(2014年3月) 315.0 259.2 574.1
第189回(2014年4月) 324.4 266.8 591.1
第190回(2014年5月) 315.3 263.8 579.1
第191回(2014年6月) 319.1 264.4 583.5
第192回(2014年7月) 314.2 263.9 578.1
第193回(2014年9月) 319.2 263.0 582.2

 

これは一般試験の平均点ですが、約580点前後であることがわかります。

 

スコア分布図をご覧いただくとこの平均点が上下極端な平均ではなく
多くの方がこの点数付近を獲得されていることがよく解ります。

 

TOEICスコア分布図

 

TOEIC650点を超えているのは全体のわずか35%ってご存知でしたか?

TOEIC650点は多くのTOEIC受験者にとって最初の目標です。
TOEIC650点には大きな意味があるためです。

 

  • TOEICの平均点580点を超える
  • TOEIC650点は英検2級相当
  • TOEIC650点は履歴書にかけるレベル
  • 海外留学奨学金の条件(600点以上)
  • 大企業の昇進要件(600点以上)

 

最終的には700点、800点を目指すにせよ、
650点は全ての受験者が最初に超えていかなければいかないハードルです。

 

しかしながら実際にこのハードルを越えられる方は
全受験者のうち毎回35%ほどです。(公開TOEICデータによる)
約65%の受験者が645点に満たないというのが現実です。

 

TOEIC650点超はわずか35%

面白いデータもあります。

 

公式データではありませんが、TEOIC団体試験(IPテスト)で
現役大学生全体の平均スコアは500点に届きません

 

団体試験の場合は、英語が得意でない生徒も含まれるでしょう。
しかし現役大学生とはいえ容易に平均点が取れないのです。
TOEICテストのレベルの高さが感じ取れます。

TOEIC 650点を超えるには

単語を覚え、文法学び、問題集を解く…
それだけでは平均点580点を取ることすら難しいTOEICテスト。

 

平均点を超えTOEIC 650点を超えるためにぜひ身につけたいテクニックがあります。

 

TOEIC650点を6か月で取る方法