過去3年分の傾向を分析、出題率が高い模擬問題が5000問

TOEICの問題5000問が解き放題の TOEICテスト対策サービス
今なら14日間の無料お試しが可能

TOEIC(R) テスト対策 英語ビュッフェ

データで見るTOEICリスニング記事一覧

TOEIC試験の平均点をご存知ですか?

このサイトをご覧いただいている方はTOEICに挑戦されているか、きっとこれから挑戦されるご予定のある方でしょう。最近(2013-2014年)のTOEIC平均スコアをご存じですか?下記の表をご覧ください。TOEIC平均点一覧開催リスニングリーディングトータル第185回(2013年11月)319.226...

≫続きを読む

TOEIC 650点が意味するもの

TOEICでは600点を使える英語の入り口と定義しています。「出張レベル」と位置づけ、「通訳をつけず一人で海外に行き、最低限の打ち合わせが出来る」とされています。TOEIC公式ランクでは650点はCランク(470点〜729点)に属します。「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲では業務上のコミュニ...

≫続きを読む

TOEIC650点の壁

公式データのスコア分布を分析すると545点以上の獲得者は全体の58.2%です。半分以上の方が545点を超えます。645点以上となると一気に減って37.6%となります。受験者の5人に2人もいない計算になります。平均点前後を取れる人は60%近くいるのに平均点プラス50点を取れる人は40%を大きく下回る。...

≫続きを読む

TOEICスコアはリスニングで伸ばす

データから見ると800点以下ではリスニングの方が高得点の傾向があります。これにはいくつか理由があります。リスニングの方が英文が簡単リーディングの長文での失点が多いリーディング試験の方が難問!

≫続きを読む

TOEIC 根強いリスニングの苦手意識

スコアアップ対策はリスニングから取り組むのがおススメですが、リスニングに苦手意識が強い方が多いのも確かです。私もそうですが、読み書きはこなせても、リスニングとスピーキングは苦手というのは日本人共通の特徴でしょう。もしかしたらほとんどの方がそうかもしれません。それもそのはず、私たちは中学高校と読み書き...

≫続きを読む

TOEIC650点を6か月で取る方法

実際に管理人の私もスーパーエルマーを購入し、自宅に届いた様子です。TOEIC650を超えるのは毎回わずか35〜36%11万人が受験した第193回テスト(2014年9月)の結果では645点以上取れた受験者は4万人弱、全体の36.8%に留まります。受験者の7万人以上の人が645点に満たなかったのです。私...

≫続きを読む

文法や単語力だけではスコアは伸びないんです!

「ネイティブと同じ方法で英語を聴く」学習方法が効果絶大!
TOEICリスニング満点者多数!

⇒ 受講者のTOEICスコアを見る